日付を扱う:JAVAスプリクト初心者入門講座


JavaScript初心者さんの入門書です

日付を扱う

JAVAスプリクトが、他の言語よりも優れている点として、日付や時間の扱いが簡単、という点があります。これにより、たとえばWebページで時間によって違うメッセージ、 朝ならおはようございます、夜ならばこんばんは、といった動作を付けることが出来ます。

さて、そんな日付オブジェクトの扱い方ですが、ここではよく使う物しか扱いません。

まずは、西暦を取得してみます。西暦を取得するにはgetYear() を使います。しかし、これだと1900年からの差分でしか取得してくれないので、正しい西暦で知りたいときは、取得した値に1900を足します。

それではサンプルです。

var dd = new Date();  //日付オブジェクトの作成
var yy = dd.getYear();
yy += 1900;
document.write(yy);

さて、2008と表示されたでしょうか?

同じようにして、月はgetMonth()、日はgetDate()で取得することが出来ます。これらはとくに値を加えなくても正しく表示してくれるので安心して使いましょう。 曜日はgetDay()です。これは0?6がそれぞれ日曜日?土曜日に対応しています。

次は、時間です。時間も、getHours()、getMinutes()、getSeconds()がそれぞれ、時、分、秒に対応しています。

ここで、冒頭の時間によって違うメッセージを表示するプログラムを作ってみたいと思います。取得するのは時間だけでOKですね。 朝ならばおはようございます。昼ならばこんにちは。夜ならばこんばんは。と表示してみましょう。

var dd = new Date();
var hh = dd.getHours();

if (hh >= 6 && hh < 12){
document.write("おはようございます。");
} else if(hh >= 12 && hh < 18){
document.write("こんにちは");
} else {
document.write("こんばんは");
}

さて、こればっかりは時間がたたないとわかりませんが、現時点でちゃんと動作しているか確認しましょう。

日付や時間を有効的に使い、JAVAスプリクトに慣れるともに、Webページをもっと楽しくしていきましょう。

カテゴリー:初級編

「日付を扱う」は参考になりましたか?

日付を扱う:関連記事

関数化してみる
関数という言葉は、数学でも出てきます。xなどの変数があって、その値によってyの値が変化する、いわゆ...

配列を扱う
変数はみなさんもう知っていると思います。この変数とは、一つの変数には一つの値しか格納することが出来...

文字列を扱う
JAVAスプリクトにおいて、文字を表示するには document.write("表示する文字列")...

数値を扱う
さて、数値を扱ってみましょう。ここで言う数値とは、皆さんが知っているvarで宣言した変数に値を代入...

繰り返しをする上で
繰り返しの概念は、JAVAスプリクトに限らず、C言語やJAVA、C#などプログラミングにおいてはと...

繰り返し(do)
繰り返しの方法として、forとwhileはもうご存じだと思います。これら2つの形式は、主に前置判定...

繰り返し(while)
みなさんは、もう繰り返しも、for命令も知っていると思いますが、繰り返しには、まだまだやり方があり...

繰り返し(for)
条件分岐と同じように、繰り返しもJAVAスプリクトプログラミングにおいて重要な概念です。 繰り返し...

条件分岐(switch)
JAVAスプリクトにおいて、条件分岐をするときは、if?else命令を使います。 これは基本ですね...

条件分岐(if)
作成するプログラムによっては、条件分岐というものが必要になってきます。 たとえば、数字を入力して、...

DHTMLとは
ニュースサイトや掲示板、ブログなど、テキストや画像だけのただ文字を読んだり画像を見たりするページを...

JAVAとの違い
JAVAとの違い JAVAとJAVAスプリクトは違うもの、と言われますが、具体的にはどう違うのでしょ...

JAVAスプリクトとは?
皆さんご存じのように、JAVAというものはもはや色々なものに使われています。では、タイトルの JA...