関数化してみる:JAVAスプリクト初心者入門講座


JavaScript初心者さんの入門書です

関数化してみる

関数という言葉は、数学でも出てきます。xなどの変数があって、その値によってyの値が変化する、いわゆる従属性をもった物のことを言います。

JAVAスプリクトなどのプログラミング言語においての関数は、ある一定の処理をまとめたもの、という意味で使うことが多いです。しかしながら、引数や返値などの概念は存在しますから、値を与えればそれに応じた値が返ってきます。

そういったところは数学的な関数の概念と似通っていますが、同じではありませんので注意して下さい。関数の種類によっては、返値がないものも存在するからです。つまり、計算を行うもののみを関数と呼ぶわけではありません。

さて、ここまで難しい話をしましたが、関数について何も難しく考える必要はありません。理論は、冒頭で述べたようにある一定の処理をまとめたものです。

たとえば、値を10回ユーザーに入力させたいとき、入力させる処理を10回記述したのでは、とても面倒くさいですし、間違いも起きやすいです。そんなときに、関数化すれば、一度定義してしまえばあとはそれを呼び出すだけの 簡単な物になるというわけです。

JAVAスプリクトにおいて、関数を定義するときは・・・

function 関数名 { 処理 }

上記のように定義します。それではサンプル素材です。

<html>
<head><title>サンプル</title>
<script type="text/javascript">
<!--
function getnum(){
var n = window.prompt("整数値を入力して下さい。","");
document.write(""+n+"が入力されました。\n");
}
// -->
</script>
<body>
<script type="text/javascript">
<!--
for(i = 0; i < 10; i ++){
getnum();
}
</script>
</body>
</html>

さて、このサンプルを実行してみましょう。

一つ注意するところは、通常関数は呼び出す以前に宣言する必要があるので、この場合<head>から</head>間で宣言しています。

どうだったでしょうか、要求通り、10回の入力が求められたはずです。

関数をもっと有効的に使ってJAVAスプリクトプログラミングの幅を広げていきましょう。

カテゴリー:初級編

「関数化してみる」は参考になりましたか?

関数化してみる:関連記事

日付を扱う
JAVAスプリクトが、他の言語よりも優れている点として、日付や時間の扱いが簡単、という点があります...

配列を扱う
変数はみなさんもう知っていると思います。この変数とは、一つの変数には一つの値しか格納することが出来...

文字列を扱う
JAVAスプリクトにおいて、文字を表示するには document.write("表示する文字列")...

数値を扱う
さて、数値を扱ってみましょう。ここで言う数値とは、皆さんが知っているvarで宣言した変数に値を代入...

繰り返しをする上で
繰り返しの概念は、JAVAスプリクトに限らず、C言語やJAVA、C#などプログラミングにおいてはと...

繰り返し(do)
繰り返しの方法として、forとwhileはもうご存じだと思います。これら2つの形式は、主に前置判定...

繰り返し(while)
みなさんは、もう繰り返しも、for命令も知っていると思いますが、繰り返しには、まだまだやり方があり...

繰り返し(for)
条件分岐と同じように、繰り返しもJAVAスプリクトプログラミングにおいて重要な概念です。 繰り返し...

条件分岐(switch)
JAVAスプリクトにおいて、条件分岐をするときは、if?else命令を使います。 これは基本ですね...

条件分岐(if)
作成するプログラムによっては、条件分岐というものが必要になってきます。 たとえば、数字を入力して、...

DHTMLとは
ニュースサイトや掲示板、ブログなど、テキストや画像だけのただ文字を読んだり画像を見たりするページを...

JAVAとの違い
JAVAとの違い JAVAとJAVAスプリクトは違うもの、と言われますが、具体的にはどう違うのでしょ...

JAVAスプリクトとは?
皆さんご存じのように、JAVAというものはもはや色々なものに使われています。では、タイトルの JA...