繰り返し(while):JAVAスプリクト初心者入門講座


JavaScript初心者さんの入門書です

繰り返し(while)

みなさんは、もう繰り返しも、for命令も知っていると思いますが、繰り返しには、まだまだやり方があります。それがwhile命令なのですが、これだと、for命令とは違い、終了の条件を満たすまで何度でも繰り返すことが出来ます。

どういうことかというと、for命令の場合は、カウンタの変数が必要でその値によって繰り返しの回数が決まってしまいますね。 しかし、while命令だとカウンタに似た変数は必要ですが、繰り返す回数が固定ではないというのです。

さて、JAVAスプリクトでのwhile命令の形式は

while(継続条件){
処理;
}

です。

それでは、サンプルプログラムを示します。

var num = 10;
while(num > 0){
document.write(num);
document.write(" ");
num--;
}

このコードをHTMLファイルに書き込んで実行してみましょう。

うまくいけば、画面には
10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
と表示されたはずです。

さて、これだけだとfor文とあまり変わりません。ここで少しサンプルを変えてみましょう。

var num= window.prompt("整数値を入力してください。", " ");
while(num > 0){
document.write(num);
document.write(" ");
num--;
}

さて、どうなったでしょうか。

何やらダイアログが出てきて数字の入力を求められたと思います。 ここで、「10」と入れると、最初にやったものと同じ結果になりますが、これを「50」など値を変えてみると 数字によって結果が変化することが分かります。

さらに変えてみましょう。if文はもう知っていると思うので、0を入力するまでひたすら入力を求め続けるプログラムを 作ってみます。以下のサンプルを実行してみてください。

var num = 1;
var count = 0;
while(num > 0){
var num= window.prompt("整数値を入力してください。(終了するときは0を入力)", " ");
count++;
}
document.write(count);
document.write("回繰り返してループから抜けました。");

さて、どうなったでしょうか。

こうすると、0と入力するまでは何度でも入力を求め続けられ、さらに0で終了したときには 繰り返した回数まで表示してくれますね。これで、for文との大きな違いがわかったはずです。

カテゴリー:初級編

「繰り返し(while)」は参考になりましたか?

繰り返し(while):関連記事

関数化してみる
関数という言葉は、数学でも出てきます。xなどの変数があって、その値によってyの値が変化する、いわゆ...

日付を扱う
JAVAスプリクトが、他の言語よりも優れている点として、日付や時間の扱いが簡単、という点があります...

配列を扱う
変数はみなさんもう知っていると思います。この変数とは、一つの変数には一つの値しか格納することが出来...

文字列を扱う
JAVAスプリクトにおいて、文字を表示するには document.write("表示する文字列")...

数値を扱う
さて、数値を扱ってみましょう。ここで言う数値とは、皆さんが知っているvarで宣言した変数に値を代入...

繰り返しをする上で
繰り返しの概念は、JAVAスプリクトに限らず、C言語やJAVA、C#などプログラミングにおいてはと...

繰り返し(do)
繰り返しの方法として、forとwhileはもうご存じだと思います。これら2つの形式は、主に前置判定...

繰り返し(for)
条件分岐と同じように、繰り返しもJAVAスプリクトプログラミングにおいて重要な概念です。 繰り返し...

条件分岐(switch)
JAVAスプリクトにおいて、条件分岐をするときは、if?else命令を使います。 これは基本ですね...

条件分岐(if)
作成するプログラムによっては、条件分岐というものが必要になってきます。 たとえば、数字を入力して、...

DHTMLとは
ニュースサイトや掲示板、ブログなど、テキストや画像だけのただ文字を読んだり画像を見たりするページを...

JAVAとの違い
JAVAとの違い JAVAとJAVAスプリクトは違うもの、と言われますが、具体的にはどう違うのでしょ...

JAVAスプリクトとは?
皆さんご存じのように、JAVAというものはもはや色々なものに使われています。では、タイトルの JA...