基本的な書き方:JAVAスプリクト初心者入門講座


JavaScript初心者さんの入門書です

基本的な書き方

JAVAスプリクトというものは、基本的にはHTMLのソースの中に書きます。*.htmや*.htmlファイルですね。 場合によっては、外部ファイルとして記述し、*.jsというファイルにして読み込ませたりもしますが、ここでは あえて触れません。

というわけで、通常JAVAスプリクトはHTMLのソース内の<script>?</script>のタグの間に記述します。 具体的には・・・

<!--↓ここから↓-->
<script type="text/javascript">
<!--
ここにコードを記述
// --> </script>
<!--↑ここまで↑-->

こうなります。

最初に<script type ="text/javascript">と記述することで、ブラウザにここから先のスプリクトは JAVAスプリクトですよ、という情報を与えていることになります。また、コードを記述する部分を<!-- ? //--> という記号で囲っているのは、スプリクトに対応していないブラウザへの配慮です。

また、対応していても、 動作を軽くするため等の理由であえてJAVAスプリクトを動作しない設定にしている人もいます。こうすることで、 そういった未対応のブラウザからは、この部分はコメントとして扱われるので、実際にページが読み込まれる際に は無視され、実際のページには何の影響も与えなくなります。

また、JAVAスプリクトは、オブジェクト指向という概念を持っており、これはウィンドウや数値、文字列など色々 なものをオブジェクト(物)として扱います。詳しくは今は理解する必要はありませんが、これからプログラムを 書きながら理解していってください。

「基本的な書き方」は参考になりましたか?

基本的な書き方:関連記事

ウィンドウやダイアログの表示
JAVAスプリクトの醍醐味といえば、リアルタイムかつ動的な効果、そう例えばウィンドウやダイアログを...

コメントの使い方
JAVAスプリクトに限らず、プログラミングをする上で、コメントを使うことは大変重要です。 コメント...

演算子
さて、演算子とは一体何なのでしょうか。 名前から想像のつくように、演算をする記号です。演算といえば...

変数を用いる
みなさん、"変数"とはご存じでしょうか? 変数とは、プログラム内で、数字や文字などのデータを一時的...

文字を表示する
文字のみならず、画像を表示したり、Webページ上に何かを書き込む場合には、documentオブジェ...

色々な注意
JAVAスプリクトを書く上での様々な注意として、まずは未対応ブラウザへの配慮があります。 通常、こ...

準備するもの
通常、プログラミングをするためには、まずはメモ帳などのエディタ、そしてコンパイラ型言語の場合は コ...