おみくじを作ってみる:JAVAスプリクト初心者入門講座


JavaScript初心者さんの入門書です

おみくじを作ってみる

さて、JAVAスプリクトでおみくじを作ってみましょう。ビジターは、ページを訪れる度に、大吉から大凶のどれかがあたり、その結果を楽しむことが出来ます。是非有効的に使って自分のHPに組み入れてみましょう。

理論としては、大吉から大凶までを配列に入れておき、その要素数で乱数を発生させて、そこで決まった数に応じて結果を表示させます。

では、早速ですがサンプルを下記に示してみます。

<script type="text/javascript">
<!--
var Count = 6;
var Kekka = new Array(
"大吉",
"中吉",
"小吉",
"末吉",
"凶",
"大凶"
);
var Ransu = Math.floor(Math.random()*Count);
document.write("結果は "+Kekka[Ransu]+" です。\n");
//-->
</script>

上記を書いたら早速実行してみましょう。画面には、結果に応じて・・・

結果は ○○ です。

上記のように表示されるはずです。ちなみに、これは毎回ちゃんと違う値になりますね。ちゃんと全ての結果が出ると思います。確認してみましょう。

また、余力のある人は、結果に応じて大吉なら「おめでとうございます!」、大凶なら「残念!」などと表示するようにサンプルを変えてみてもいいですね。 こうした事は、if文で簡単に作ることが出来ます。

ここで使った乱数の概念は、JAVAスプリクトや他のプログラミング言語において、様々な場面で使うことになり、その発生方法も様々です。また、乱数を使って円周率を求めるモンテカルロ法といったものも存在します。興味のある人は是非調べてみて下さい。

カテゴリー:応用編

「おみくじを作ってみる」は参考になりましたか?

おみくじを作ってみる:関連記事

簡単な電卓を作ってみる
JAVAスプリクトでは、なんと電卓も作ることが出来ます。その気になれば、皆さんがよく目にする数字の...

お気に入りに追加する機能を作る
皆さんは、Webページを巡回しているときに、ふと「お気に入りに追加」などというボタンをみかけたこと...

ページの移動時にメッセージを表示してみる
普通、というかほとんどのページではそうですが、ページを移動するときには、リンクをクリックすればすぐ...

マウスクリックで画像を変えてみる
何かをクリックしたら、何かの処理が起こる、という手法は、様々な場面で使われます。多くの場合、そのク...

簡単なパスワード認証
会員制サイトや、HPやブログの管理者ページでは、パスワード認証をして初めて見られるようになるという...

外部ファイルの読み込み
例えばC言語においては、関数の定義などを、外部ファイルに定義して、それをプログラム中の#inclu...

ちょっとした視覚効果
JAVAスプリクトを使って本当にちょっとした視覚効果をやってみましょう。視覚効果といっても、たいし...

プルダウンメニューの表示
リンクの多いページによっては、そのリンク先をプルダウンメニューなどを使って選ばせて、そうしてリンク...

右クリックの禁止
右クリックの禁止の設定は、画像を載せていたり、MIDIを流すようなサイト等に多いですが、そういった...

文字の解説を表示
Webサイトを見ていたときに、ふと気になった単語にマウスカーソルを当てると、その言葉の注釈のような...

時間のカウント
アップローダーからファイルをダウンロードするとき、残り何秒お待ち下さい、などという表示がでて、その...

モニタの大きさを取得
モニタの大きさを取得することは、Webページを作る上では重要なことです。たとえば、ある画像を表示さ...

ブラウザ別にメッセージを表示
InternetExplorerやFirefoxなど、皆さんが使っているブラウザのほとんどは、OS...

アラートを使った簡単なクイズ
JAVAスプリクトは、応用次第ではゲームも作ることが出来ます。今回は、ボタンとアラートを使って簡単...

ボタンを押してアラートを表示させる
皆さんは既に、ブラウザのソースに記述して、ページを開いたらそれが実行されるタイプのJAVAスクリプ...